スケアクロウ

ハリウッドランチマーケットのセレクトショップは山梨県富士吉田市 スケアクロウ

地図 メールフォーム

INFORMATION
HOME >  INFORMATION  > STAFF BLOG men's

  • 2014 04 15 BLUE BLUE バイアス ウラケ ショーツ

    今日は BLUE BLUE バイアス ウラケ ショーツです。
    昨日取り上げたジャケットとはもちろんセットアップにできます。
    夏の定番着こなしの1つとして確立されている
    ジャケット×ショーツというスタイルですが、
    セットアップというのもかなり気になりますね!
    ネイビーのセットアップにドットやチェックのシャツ、
    他にも派手目なカラーのシャツを合わせても面白そうです。
    もちろんセットアップでとしてではなくそれぞれ別のものとも合わせるも良し!
    セットアップというだけではなく様々な可能性を楽しめるアイテムです。


    BLUE BLUE バイアス ウラケ ショーツ \15,000 +tax

    詳しくはこちら

  • 2014 04 14 バイアス ウラケ ジャケット

    今日はBLUE BLUE バイアス ウラケ ジャケットをご紹介します。

    地の目方向に対して、45°の角度を成すものを「バイアス」という様です。
    なるほど確かに寄ってみるとしっかりなってます。
    ツイルの様な風合いで、高い伸縮性がある素材を仕立てたジャケットです。 軽めの羽織が大活躍する時期ですし、着心地が良く
    シャツでもTシャツでも合わせられる万能性で
    即コーディネートのローテーションを張れるアイテムです。
    なんか欲しいけどいまいち的が絞れない時は
    この位の軽めの羽織を選べばほぼ間違いありません!


    BLUE BLUE バイアス ウラケ ジャケット \21,000 +tax

    詳しくはこちら

  • 2014 04 10 HRM graffiti shorts

    富士吉田でも桜が咲き始めてようやく
    春を実感できる様になってきました。
    実はまだちょっと早いかな?という事でこのブログでは
    ショーツは取り上げていなかったんですが、
    店頭にもショーツ類が充実してきていますし、暖かくなって来たので
    ショーツもご紹介していきたいと思います。
    という訳で今日ご紹介するのは HRM グラフィティ ショーツ です。

    グラフィティプリントのアイテムは以前シャツをご紹介しましたが、
    同じグラフィティパターンのショーツで丈はやや短めで、
    綿55% 麻45%の通気性と耐久性のある生地です。
    ベージュがかったナチュラルカラーがプリントのインパクトを
    適度に抑えていて想像以上に合わせやすいのも強みです!
    これからの季節、間違いなく活躍してくれるはず!


    HRM グラフィティ ショーツ     \11,000 +tax

    詳しくはこちら

  • 2014 04 08 GAIJIN MADE stone beads anklet

    靴が続いたんで、それに関連してまたアンクレットをご紹介します。
    今回は GAIJIN MADE stone beads anklet です。
    アンクレットもやはり色々ありまして、あまりシンプル過ぎても
    少し物足りなく感じて、ブレスレットみたいに重ね付けしたくなります。
    重ね付けも1つの手ですが僕みたいに、いくつもつけてるとなくす…とか
    それ言っちゃう?ってタイプのめんどくさい。という方とか
    さらには、いい気分で飲んでるとあげちゃうっていう豪気な方まで 実に様々な理由で重ね付けの弊害(?)もある様です。
    その点このアンクレットは三叉…という表現で正しいのか分かりませんが
    とにかく3ラインが1つの留め金になってますんで
    外れれば気づきますし、付ける時は1つ分だし、
    たくさんあるからあげるよ!ともなりにくい…気がします。
    自分はその辺大丈夫って方は重ね付けももちろんおすすめですけどね!


    GAIJIN MADE stone beads anklet \2,600 +tax

    詳しくはこちら

  • 2014 04 06 SEASUN gyosan sandal

    今回は SEASUN ギョサンサンダル のご紹介です。
    ギョサンって何?という当然の疑問がわきますね。では来歴を

    小笠原諸島が日本に返還された1968年頃から漁師たちの間で普及し始め、
    当初は販売していた五郎平という人物の名前から、ゴロヘイゾーリと呼ばれていた。
    まもなく島内の一般住民も日常的に使用するようにもなり、
    「ギョサン」という愛称で呼ばれるようになったようである。
    その後、島を訪れる人たちの間でも小笠原名物として知られるようになり、観光土産ともなった。
    2002年頃、小田原市の靴店主が小笠原へ行った知人のダイバーから
    ギョサンのことを伝え聞き、販売を思い立った。
    初めはオリジナルの地味な茶色のみであったが、カラーバリエーションを増やしたという。
    アイドルグループ「嵐」の大野智さんがテレビ番組の企画で着用した影響もあったためか、
    女性客を中心に売れ行きが伸びている。

    という事でゴロヘイゾーリの由来については分かったけど肝心のギョサンについての
    説明は無い。まぁ他にも色々調べてみると、濡れてもいいし丈夫で滑りにくいので
    最初は特に漁業を営んでいる人が好んで履いていた。という事から
    『漁業従事者用のサンダル』 略して ギョサン!

    あ…そう。ふーん。    僕はゴロヘーのが好きだなー。
    まぁ呼び方は各自好きなほうでという事にして
    非常に履きやすく、滑らないし水にもジャブジャブいけちゃう上、値段も安いのは
    ありがたいと。アンクレット辺りと合わせて買ってもいいんじゃないでしょうか?


    SEASUN gyosan sandal \1,800 +tax

    詳しくはこちら

STAFF BLOG men’s

  • 店舗案内

    店舗案内

    〒403-0004
    山梨県富士吉田市
    下吉田2-6-5

    TEL:0555-23-3513
    FAX:0555-23-3536